お知らせ
パーソナル・マンツーマンレッスン
サンテソレール
  • メール:ruri.hitotani@gmail.com

HOME > Sante' Solaire Information > > 子どもの嫌いを克服するには

Sante' Solaire Information

子どもの嫌いを克服するには

体つくり運動を担当している山下です。

いつもお子さんのご飯を作っているお母さん。
栄養面のバランスを考えて作ったご飯は子どもに残さず食べてほしいですよね。
お子さんが嫌いな食べ物があったとき、どうするでしょうか?
無理やり食べさせて我慢させますか?
それも一つでしょう。

ただ、別の方法もありますよね。
例えば、ハンバーグは大好き!にんじんは嫌い・・・
そんなとき、にんじんを細かく細かく刻んでハンバーグに混ぜ込む。
にんじん入りハンバーグを食べた子の反応は!?
ハンバーグおいしい!!

運動に関しても同じことが言えます。
とび箱跳べないから嫌い!
てつぼう上手く回れないから嫌い!

無理やりやらせようとしてもなかなかできないことが多いですし、どんどん嫌いになってしまいます。
そこで、にんじん入りハンバーグです。

一例ですが、ボール遊びは好き!とび箱はできないから嫌い・・・
そんなときに、とび箱の動きに繋がるようなボール遊びを入れてあげます。
走ってきて、ふみきりを跳んだらとび箱ではなく、高い所にあるボールをタッチする。
高い所にあるボールをタッチしようとするにはジャンプ動作のふみきりでタイミングを上手く合わせないとできません。
ボールをタッチするには自然と体を反応させようとします。
とび箱の動きを細かく刻んでボール遊びと繋げると、子どもはその運動が楽しいと感じます。
そこから徐々に実際のとび箱動作に繋げていきます。

運動・種目に苦手意識がある子はまずは楽しい!!からスタートさせると伸びていきますね。

カテゴリ:

  • キッズ・ジュニア

|一覧へ戻る|