お知らせ
パーソナル・マンツーマンレッスン
サンテソレール
  • メール:ruri.hitotani@gmail.com

HOME > Sante' Solaire Information > > 子どもに身に付けさせるべき3つの能力

Sante' Solaire Information

子どもに身に付けさせるべき3つの能力

こんにちは、サンテ・ソレール代表の廣谷です。

長年、キッズやジュニアのサポートを行ってきましたが、
たった3つの能力を、家で少しの時間でもいいので
トレーニングするだけで、学習力、運動能力はアップします。

でも残念ながら、その3つの能力はあまり知られていません。

だからキッズからジュニアのご父兄を対象としたセミナーを、
色々なところで開催し、体験をしていただいています。

子どもに必要な3つの能力

横浜市青葉区にある東急田園都市線『たまプラーザ駅』界隈だけで、
キッズの習い事は沢山あります。

ピアノ、スイミング、英会話、脳開発。
サッカーにフットサル、野球やバスケットボール
などのスポーツ団体を入れるとかなりの数で、
どの教室も熱心なお母さんと子どもたちでいっぱいです。

当スクールでも3歳からのプログラムを行っておりますが、
お母さん方からのお悩みをたまに聞かせていただいております。

「子どもの習い事は早くから始めた方が良いのでしょうか?」
「サッカーだけでなく、水泳など他の種目もさせた方が良い?」
「スイミングをさせると頭が良くなるのですか?」

確かに、色々な事を早くから行えば、
もちろん発達するでしょう。

ではたくさん習い事をさせた方が良いのか?

僕はセミナーで3つの能力を説明します。

  1. 姿勢力
  2. 運動能力
  3. 視覚力

勉強にもスポーツにもこの3つの能力は必要不可欠です。

でもこの3つの能力のお話をしても、
ほとんどの方が「知らなかった」とおっしゃいます。

早くから英語を習わせるのが良くないとか、
サッカー以外にスイミングを習わせるのは良くないとか
ではなく、子どもに3つの能力を日々トレーニングするだけで、
英会話も、ピアノもサッカーも野球も上達します。

特に苦手な子どもほど。

では何故、この3つの能力が必要なのか???
3つの能力って何だ?

何故、3つの能力が必要なのか?!

昔の子どもと比べて、今の子どもは何が違っていると思いますか?
自分の子どもの頃と比べて、今の子どもは何が違っていますか?

僕が一番感じるのは遊び。
もう少し細かく言うと遊びでの身体の使い方。

長年、ジュニアアスリートをサポートしてきて気が付いたことがあります。

子どもの身体が硬い!
です。

昔は子どもは柔らかいものだと思っていましたが、
今では小さいお子さんでさえ身体が硬い子が沢山います。

余りにも沢山いるので、硬いことが普通になりかけているようにも思えます。
いえいえ、そんなことはありません?

それともう一つ。

スポーツができる子の特長ですが、
何かわかりますか?

しっかり立っていられると、大声が出せるです。

意外に思われたのでは?

だからこそこれからは3つの能力を高めないと、
勉強ができなくなるとか、スポーツが苦手になるというレベルではなくて、
生きていくための力が足らなくなります。

だから我々は、長年、当スタジオのプログラム『体つくり運動』で、
3つの能力を高めています。

  『体つくり運動』の詳細はコチラ

ではこの3つの能力をご説明をさせていただきます。

 

3つの能力 姿勢・運動能力・視覚

姿勢力、運動能力、視覚力の細かいご説明は、
また別のページでしっかりとお教えしたいと思いますので、
今回は3つの能力はどういったものなのか?
謎、必要なのかをご説明させていただきます。

1、姿勢力

最近の子どもの姿勢を見て気が付いたことはありませんか?

そうです!

姿勢が悪いのです。

猫背、O・X脚、偏平足
座っている姿、テレビを観ている姿、
全て姿勢が悪くなってきています。

それは身体を支えるという機能が低下しています。

だからお母さんが、
「姿勢を正しなさい!」と注意しても、
一瞬は良くなりますが、すぐに戻ってしまいますね。

何故、姿勢が悪いのか?

色々な要因があると思いますが、
まずは身体を支える筋肉が不足しています。

皆さんも聞かれたことがあると思いますが、
『インナーマッスル』が育っていません。

インナーマッスル=身体を支える筋肉
それともう一つの働き、関節を保護するのも
このインナーマッスルです。

この部分が上手く使っていないので、
鍛えられないままです。

だから身体も硬いのです。


詳しい姿勢力のはなしはこちら

2、運動能力

運動能力は遺伝ではありません!

まずこれを最初にお伝えしないと。

目から入った情報が、脳へ送られ、
脳がそれを素早く処理し、手や足、身体に
こういう風に動けと言う指示を出します。

その伝達能力が運動能力です。

この能力は神経系の働きなので、
8〜12,13歳までに大人の8〜9割完成します。

本来ならここを、昔の子どもは遊びの中から鍛えていたのですが、
現代っ子はここが上手く遊びで使われていないので、
発達が乏しいと考えられます。

だからこそ、キッズの時期からの身体の使い方、
それも色々な環境下での使い方で、
沢山色々と脳や身体が経験すると、
神経系が細かく発達していくのです。

だからキッズからジュニア期はこの神経系のトレーニングを
最優先させなければなりません。

3、視覚力

この視覚力は、一番知られていません。

目の能力です。
目でどれぐらい沢山の情報をとらえ、
脳へ正確に伝達するか?

目のトレーニングって聞いたことはありますか?

目の能力というと、視覚ではなく、視力を思い描く人がほとんどですが、
視力ではなく視覚です。

この視覚は生まれてから徐々に発達するものではなく、
後付で身に付けていくものです。

でも本人もご両親もこの能力を知りません。

ヨーロッパやアメリカ、カナダでは
小学校の時からこの視覚(ビジョン)を鍛えることをしています。

視覚を鍛える=ビジョントレーニング

これは後々細かくご説明をしますので、これぐらいにしておきますが、
視覚力をチェツクするとよくわかります。

上手く見えていません。

でもその上手く見えていないということすら知らないまま成長をします。

この記事を読んでいる大人でさえ、うまく見えていない人がいっぱいいて、
セミナーで経験すると一番ご興味を持たれるところです。

落ち着きがない、集中力がない、本が嫌い、
字や絵が下手なのは視覚力がまだまだ身に付いていないからかも?

これからの子どもたちに必要なもの

これからの子どもたちは、この3つの能力を高めてもらいたいです。

しかし残念ながらこれらの知識すら知らないままです。

もっと学習力をアップさせたり、運動能力をアップさせたい、
落ち着いて本を読んだり、友達と仲良く接して欲しいなど
子どもへの期待は大きいと思います。

確かに早くから習い事やスポーツをさせると、
レベルは上がります。

でもそれは小学生、中学1,2年生頃までならそれでいいですが、
能力を高めるとすぐにではないかもしれませんが、
ずっとずっと、一生色々な場面での発展が期待できると思います。

これからの子どもたちに必要なものは

姿勢力、運動能力、視覚力です。

サンテ・ソレールでは3歳児から、
この3つの能力を高める指導を行っております。


『子どもに必要な3つの能力』代表無料セミナー開催!!

 
  『体つくり運動』の詳細はコチラ

 

代表コラム
『何故、当スタジオは学童保育をスタートするのか?』


レッスンだけでなく、アフタースクールとして集中して学ぶ

カテゴリ:

  • キッズ・ジュニア

|一覧へ戻る|